Art therapy

アートセラピー

What's art therapy

アートセラピーとは

アートセラピーは、一種の心理学です。絵を描くことで、自分の潜在意識が全て絵に現れてきます。今の自分の問題点や頭で考えていることに焦点を当てて、会話とともに絵からのメッセージを受け取り、行動を起こすことで、自分らしい最高の状態を手に入れることができます。

このアートセラピーは、セミナーをはじめ病院・クリニック・子供絵画教室など幅広いところで使われています。

このアートセラピーで具体的にどのようなことがわかるかというと、「コミュニケーションのクセ​」「現在の状況」「未来について」「愛情・家族」など本来の自分を知ることで、自分の持っている強みを見つけることができます。

アートセラピー体験者の声

​●歳代/会社員

そうそう、と思い当たることがあって納得です。

​絵の描き方を変えることで現実の行動も変わるということも

面白いなと感じました。

​●歳代/経営者

指摘されたことがことごとく的中し、ビックリ仰天でした。

たった一枚の絵がこんなにも自分を表現しているのかと・・・

​アートセラピーあっぱれ!でした。

​40歳代/経営者

表面化していない悩みや意識していなかった自分の気持ちに

気づくことができてすごいと思いました。